に投稿

2泊3日旅行で選ぶキャリーバッグの3つのおすすめポイントって何?

旅行が決まったら早速検討するのがどんなバッグに荷物を入れるか?ですね。

今では選択肢も豊富にありますが、やはり持ち運びやすさを考えるならばキャリーバッグを選ぶ方は多いでしょう。

ですがいざ2泊3日旅行となるとどんな大きさのバッグが良いか悩んでしまうものです。

旅行中にキャリーバッグのサイズを間違えたなんて事がないようこの後紹介する3つのポイントをしっかり抑えましょう。

2泊3日旅行で選ぶおすすめのキャリーバッグ

まずは旅行の日数に応じたキャリーバッグ選びの目安をお伝えします。

「1日分を10L」と計算するととても簡単です。

今回のように2泊3日の場合3日間と計算しますので、30L~40Lが一つの目安となります。

なお、この大きさの場合は機内持ち込み可能サイズに当てはまる事が多いですので、その点のメリットも大きいです。

機内持ち込み可能なキャリーバッグのサイズ

飛行機移動がある旅行の際にあらかじめチェックしておきたいのがお持ちのキャリーバッグが機内持ち込み可能かどうかです。

搭乗時に荷物を預けるか機内に持ち込むかを選択することが出来、受託手荷物とする事で引き取りまでの時間がかかる煩わしさを解消したい方や、貴重品の破損や盗難といったリスクを回避したいという場合には機内持ち込みを選びます。

では機内持ち込み可能サイズを紹介しますと、まずは座席数が100席以上の航空機の場合です。

●55cm×40cm×25cmで三辺の合計サイズが115cm未満座席数100席未満の航空機の場合は、●45cm×40cm×20cmで三辺の合計サイズが110cm未満となります。

加えて重量にも制限があり、一般的な航空会社の場合は10kg未満で最大2つ。

LCC(格安航空会社)の場合には7kg未満等と制限が異なっておりますので、利用する航空会社のルールを予め確認しましょう。

旅行先別のおすすめキャリーバッグ

同じ2泊3日旅行であっても訪れる場所によって適したキャリーバッグは異なります。

同じ国内旅行でも地域や訪れる場所によって微妙に違いますし、国外の場合は特に地域事情によって選ぶべきキャリーバッグというのもありますので紹介しましょう。

国内旅行の場合

日本国内の旅行ですと、治安的な問題はほぼありませんので基本的にはどのようなバッグでも問題ありません。

ですが、スケジュールがタイトな旅行としている場合には、機内持ち込み可能なキャリーバッグとするのをおすすめします。

LCCを利用するという場合には重量も気になるでしょうから、持ち運びやすさという観点からもナイロン製などの軽量なソフトケースも良いでしょう。

また、神社やお寺にお城へ訪れる予定の場合は、砂利道等で舗装されていない所を歩く事があります。

普段は便利であるはずのキャスターが活かせない場合もありますのでコインロッカーや荷物預り所等をあらかじめ確認しておきましょう。

海外旅行の場合

2泊3日ですと海外の場合は行ける範囲も限られるかと思いますが、やはり滞在先によって適したキャリーバッグは異なります。

まずは東南アジアです。

最近は近代的な都市も多いこちらの方面ですが、まだしっかり整備されていないエリアを訪れる際には路面がガタついておりキャスターが上手に転がらない為かなりのストレスとなってしまうこともあります。

そのような場合に備えて比較的軽いソフトタイプのキャリーバッグがおすすめです。

中には背負うことが出来る製品もありますので便利に使えます。

もう一つはグアムなどアメリカ領である地域へ行く場合です。

こちらでは入出国の際のセキュリティが厳しく、荷物を預ける場合にはキャリーバッグのカギをかけた状態で預けることが出来ません。

もしもカギをかけたまま預けてしまい問題があった場合にはカギを破壊されてしまい、かつ補償もされないケースがあるのです。

そのようなトラブルを防ぐために、TSAロックが付いたキャリーバッグを選びましょう。

TSAロックとはアメリカ保安局のTSAが認定しているロックシステムであり、こちらですと施錠した状態で預けてもTSAの職員がカギを破壊することなく中身を確認してくれます。

機能性やデザイン性で選ぶならリモワやイノベーターがおすすめ

では最後に2泊3日の旅行に適したおすすめキャリーバッグを紹介します。

まずは機能性を追求したい方へ、歴史ある王道ブランド「リモワ」です。

ドイツの老舗ブランドであり、その機能性の高さから根強い人気があります。

例えばマルチホイールが高機能な点で、空港でリモワのキャリーバッグを引くとその軽さに驚くほどです。

さらに収納性も他にはないもので、荷物を区切るディバイダ―もとても便利で定評があります。

もう一つはデザイン性で選びたいバッグとしてinnovator(イノベーター)のZIPPER CARRYです。

スウェーデンの家具ブランドであり、国旗をモチーフにしたフロントデザインやカラーリングが華やかで個性的な魅力があります。

内部も小物がこぼれ落ちないファスナー密閉が出来、収納力の高さが女性に人気です。

まとめ

このように2泊3日旅行とは言っても旅行する場所や渡航手段によって最適なキャリーバッグを選ぶ必要があります。

短い期間であっても辛い思い出はあまり残したくありませんよね?今回のキャリーバッグ選びの情報を上手に活用して、素敵な旅行を楽しんでください。