に投稿

旅行用のキャリーバッグ!フロントオープンのものはおすすめ?

旅行用のスーツケースはもう、ほぼキャリーバッグ一色といった趣があります。

空港などでも、キャスターの付いていないスーツケースは本当に見なくなりました。

キャスターと持ち手がついて便利に移動ができるのがキャリーバッグです。

このキャリーバッグ、フロントオープンのハードタイプのものが増えてきましたがやはりこれ便利なのでしょうか。

ハードタイプのキャリーバッグは開ける時に

ハードタイプのキャリーバッグの場合、普通のスーツケースにキャリーバーとキャスターが付いて、と言う感じでした。

つまり、箱型のスーツケースに移動に便利な機能がついた感じです。

なので基本的に、外側にはポケットも付いていませんでしたし、開ける時には横に倒して全開という開け方になったわけです。

もちろんこれで不自由はありませんが、ホテルの狭い部屋で開けると空間が余計狭くなるというような不満はありました。

中身が全部見えてしまうところまで開くので、空港などで荷物を入れ替える時にも、不便でした。

加えて、床に置かなくては開けられない、開けたら2倍のスペースが必要になる、などの問題も起きていました。

それでも、慣れてしまえばなんとかなるという感じもあって、それなりに使用してした人も多いのです。

特に日本の場合、旅行用のスーツケースはセキュリティ面で、ハードタイプのほうが望ましいと言う風潮があります。

なので、不便を感じる人もそのまま利用していたのです。

ソフトタイプ素材のキャリーバッグは

日本では旅行用のバッグとしては、ソフト素材のものは少数派でした。

しかし欧米では、利用者は実に多いです。

中に壊れ物など入っている場合はいささか不安が残る素材ですが、ハードタイプよりも安価でしかも自重が軽いというのが人気の理由なのですね。

加えて、ソフトタイプのキャリーバッグの場合、フロントオープンのものなど開けやすい製品が多いのです。

表側にポケットも多く、中の荷物も出しやすく軽いとあれば、人気が出て当然です。

しかしやはり慎重な日本人としては、簡単に切り裂かれそうなソフト素材には、ちょっと抵抗があるのも事実です。

便利さと安全のどちらを取るか、かなり難しい問題ですが、それなりに利用者も増えていきました。

特にバックパックにキャスターとキャリーバーの付いたタイプは、使い勝手の良さで人気が出ましたね。

ソフトタイプも徐々に、日本でも浸透していったのです。

しかしやはり防犯面、これはハードタイプに勝るものはありません。

ハードタイプのキャリーバッグにもフロントオープンのものが

需要があれは供給が、ということで近年ではハードタイプのキャリーバッグでもフロントオープンのものが、目立ってきました。

しかも外ポケットも、つくようになってきたのです。

フロントオープンとは

フロントオープンの最大の特徴でメリットは、バッグを寝かせないでも開けることが出来る点です。

これまでのハードタイプ、フレーム付きのキャリーバッグの場合、まず床にバッグを寝かせてからでないと、開けることが出来ませんでした。

かなり面倒で、しかも場所も多く取るという面で、不便でしかも周囲への迷惑だったのです。

フロントオープンのキャリーバッグなら、前面が大きく開くので立てたままでも荷物が取り出せます。

空港につくまでキャリーバッグに入れておいたパソコンなども、チェックインの前に簡単に取り出せるようになったのです。

この開き方などはメーカーによって差がありますが、大きく蛇腹が開くように開くものもありますので、それだと中身の確認もしやすいです。

もちろん普通に、寝かせて完全に開くことも可能ですので、シーンによっての使い分けができるということです、

外ポケットも付いていると便利

外ポケットのついているハードタイプのキャリーバッグも増えてきました。

この外ポケット、独立した形のものもありますし、スーツケース内にアクセスできるものもあります。

使い勝手のいい方を選ぶのがおすすめです。

外ポケットでスーツケース内に直接アクセスできるものだと、ちょっとしたものをすぐに収納したり出来ますので便利です。

例えばチェックイン前に、ちょっとしたお土産を買ったときなどもすぐに、荷物にそれを入れられます。

余計な荷物を機内に持ち込むこと無く、身軽に乗機出来るのです。

フロントオープンタイプのハードキャリーバッグを使う時に

非常に便利に利用できるのが、このフロントオープンできるハードタイプのキャリーバッグです。

出し入れの便利さも、防犯面に関してもクリアできているので、使い勝手は抜群です。

唯一ちょっと問題と言うか気をつけたいのは、フロントオープンや外ポケットの開け閉めはファスナーだということです。

これまでのハード素材のキャリーバッグやスーツケースの場合、フレームと留め金で閉めていました。

ガッチリとして防犯面でも優れている上、雨にも強かったのです。

ファスナーの場合この2点、多少弱くなるということは、心に留めておいてくださいね。

まとめ

フロントオープンのキャリーバッグの便利さは、かなりのものです。

これまで床に置かなければ開けられなかったスーツケース、キャリーバッグが立てたままで開けられるようになったのです。

しかもポケットまで付いているのは、これは本当に嬉しいですね。

次の購入はこの、フロントープンのものを選んでみませんか。