に投稿

キャリーバッグをきれいに使う方法は?格好良く使いたい!

キャリーバッグは元々、CAや航空機のスタッフが利用し始めてから、爆発的に広まったものです。

それまではキャスター付きのスーツケースを使っていた人も、キャリーバーの付いたキャリーバッグの軽快さに、目覚めたのですね。

すっかり浸透したキャリーバッグですが、どうせならきれいに使いたいものです。

CAのキャリーバッグの引き方ってきれい

空港などで時間待ちしている時に、航空機のスタッフが搭乗口に向かって歩いているのに遭遇することがよくあります。

パイロットもCAも、制服姿で格好良くキャリーバッグを引いていますね。

本当に素敵で軽快な姿ですが、我が身を振り返ってみた時に、同じように使用ができているかちょっと気になりますね。

素敵なキャリーバッグも、引き方1つで言い方は悪いですが、格好悪く見えたりもするものです。

ここはお手本もあることですし、キャリーバッグの格好のいい引き方、使い方を考えてみましょう。

キャリーバッグを格好良く引く使う

キャリーバッグは引き方1つ、使い方1つで格好良くなるものです。

直ぐに出来る、ちょっと気をつければ劇的に変化できる方法を、いくつか紹介しましょう。

キャリーバッグは2輪のものでも引き寄せて使う

4輪のキャリーバッグの場合、基本的には身体の脇に位置させて引いていきます。

なのでこの方法ならまず、身体からは離れません。

しかし2輪の場合、ちょっと油断したりダラダラ歩いていたりすると、後ろに長く引きずって歩いていることがあります。

これはいかにもだらしなく見えるだけでなく、後方の歩行者にも迷惑になるのです。

キャリーバッグはできるだけ、身体に近い所に位置させて引くのがおすすめです。

キャリーバッグを引く姿勢にも気をつけて

キャリーバッグが重かったり、疲れていたり、もしくはながらスマホをしている時など、歩いてる姿勢が悪くなっていることがあります。

これは格好良いとは言えませんね。

CAたちの歩き方が格好良くさっそうと見える一つの理由は、彼らが背筋を伸ばして遠くを見て歩いているからです。

自然歩幅も広くなるので、脚の速さの割にせかせかして見えないのも、これも格好良く見える原因です。

キャリーバッグを使う時には、背筋を伸ばして遠くを見て歩くことをおすすめしたいです。

もちろん、ながらスマホは厳禁ですね。

常に周囲に気配りを

どんなに格好のいい可愛いキャリーバッグでも、もし誰かの足に当たったら、当たられてしまった人には迷惑以外の何物でもありません。

キャリーバッグの場合、キャリーバーが付いているので使いやすいのですが、反面キャリーバーがあるために使用車の視界から外れやすいのです。

特に2輪の場合、後方に位置することが多いので、常に後方への注意をするようにしてください。

曲がり角や、エスカレーターエレベーターに乗る時など、軽く後ろを振り向いて安全確認しましょう。

振り向く仕草にも気をつければ、大変に気遣いのある素敵な動作になりますよ。

また気配りのある人物、と言う評価ももちろんもらえることになります。

具体的にはどんなことに注意すれば

こうしたちょっとしたことに注意すれば、格好良くしかもマナー違反にならずに使えるキャリーバッグです。

でも具体的にどういった風に行動すれば、使い方をすれば簡単にこれらが出来るのかも考えてみましょう。

キャリーバを持つ手は伸ばさない

キャリーバーを持っている方の手、腕は伸ばさないようにしたいですね。

常に肘を軽く曲げている意識を、キープしてください。

そうすれば自然バッグは自分の身体に近くなります。

特に2輪の場合、後方に位置しているキャリーバッグをできるだけ使用者の身体近くにしておけば、後方の歩行者などへの事故も少なくなります。

肘を軽く曲げて使うということを、習慣にしてください。

2輪のキャリーバッグが後方に長く伸びる原因は、この腕を伸ばしきって持ち手を掴んでいることから起きるのです。

キャリーバー自体を考え直してみる

実際のところ、4輪のキャリーバッグやキャスター付きのスーツケースよりも、2輪のほうが軽快に騒音も少なく動けます。

でも後方注意は、2輪のほうが問題になるのも事実です。

なので2輪でも、長いキャリーバーのついているものでなく、手元に引き寄せてでも2輪で走行できるバッグを選ぶことも、1つの方法です。

クロスケースと呼ばれるキャリーバッグですが、これだと持ち手がすぐ近くにあり、使用者の身体からバッグが離れません。

しかも2輪のバッグなので、引きやすさは普通の2輪のキャリーバッグと差がないのです。

どうしても2輪のキャリーバッグが使いたいけど、つい油断して後方に長く伸ばして使ってしまう、と言う人にはこうしたバッグの使用もおすすめになりますね。

まとめ

何によらず、何かを使うなら格好良く素敵に使いたいものです。

キャリーバッグの場合、使い方1つで格好良くきれいに見えますが、ちょっとの油断で逆に見えてしまうこともあるのです。

幸いにもCAとかのお手本が、飛行場では多く見ることが出来ます。

ちょっと注意して、彼らのキャリーバッグの使い方、見てみませんか。